ネットカジノで違法性を問われないために避けるべきこと

日本国内でネットカジノを利用することは問題ありませんが、場合によっては違法性を問われる可能性もあります。
ネットカジノは日本国内においては、違法でも合法でもないグレーゾーンという曖昧な扱いであり、解釈次第では違法性を問われてしまうケースもあるのです。

実際、過去にはライセンスを取得した合法ネットカジノが摘発される事例もありました。
ここでは、ネットカジノで遊ぶ際に違法性を問われないために避けるべきことを解説していくので、ぜひ参考にしてください。

ネットカジノでギャンブルを満喫するためには知識を高めておくことも必要です。

ブログなどで不特定多数にプレイの様子を公開しない

ブログなどで不特定多数にプレイの様子を公開しない

ネットカジノがグレーゾーンなのは、ネットカジノに関する法整備が進んでいないためで、そのため違法でもなければ合法でもない立場となっています。
このような曖昧な立場だからこそ、ネットカジノをプレイしていることをネット上で公開するのは避けるべきなのです。

ネットカジノが摘発された「スマートライブ事件」では、プレイヤーがブログなどにネットカジノをプレイしている様子を公開していたことで身元が判明してしまい、逮捕されたというケースがあります。

遊んでいるネットカジノが合法だったとしても、何らかの理由で摘発を受ける可能性はゼロではありません。
ネットカジノがグレーゾーンであることを理解して、不要な情報の公開は避けるようにしたほうが無難です。

日本国内に拠点があるネットカジノで遊ばない

ライセンスを取得したネットカジノは合法ですが、日本国内に拠点がある場合は別の話です。
日本国内ではカジノの運営が規制されており、公営ギャンブル以外の賭博施設の営業は厳しく禁止されています。

過去にはネットカジノが摘発されたドリームカジノ事件があり運営者などが逮捕されていますが、実は摘発されたドリームカジノはライセンスを取得していました。
では、なぜ摘発されたかというと、それは日本国内に拠点を置いて運営されていたからです。

ライセンスを取得し国際的には合法でしたが、カジノの運営を禁止する日本の国内法に抵触して摘発されたということです。
ドリームカジノが海外に拠点があると偽っていたため、騙された立場にあるプレイヤーは逮捕されることはなく警察からの指導だけで済みました。

このようなトラブルを避けるためにも、ネットカジノに登録する際は、ライセンスの所持だけでなく海外に拠点があるかどうかもキチンと確認する必要があります。

自分のアカウントを第三者に使わせるのは厳禁

自分のアカウントを第三者に使わせるのは厳禁

ネットカジノで遊ぶ際には、個人情報を入力してアカウントの登録が求められます。
この作成したアカウントは、登録者本人のみが使えるものであり、第三者が使用することは利用規約で禁じられているのです。

もし、第三者にアカウントを使わせたことが発覚すれば、利用規約違反でアカウントが削除されるだけでなく、出金していない勝利金を没収されてしまう可能性もあります。
さらにアカウントを第三者に貸す行為は、ネットカジノの利用規約だけでなく日本の賭博法に抵触する可能性もあるのです。

例えば、友人からお金を受け取って、それをアカウントに反映させて遊ばせ勝ったら勝利金を渡すというような行為は、完全に賭博を開催していることになり摘発の対象となります。
一緒にテレビゲームを遊ぶような感覚で、ネットカジノを友人とシェアすることは非常に危険な行為なのです。

ネットカジノも実際にお金を賭ける、立派なギャンブルであることを忘れてはなりません。

インターネットカフェのパソコンでプレイしない

ネットカジノは登録者が所有するパソコンやスマホなどを使って、遊ぶことを前提としています。
確かにインターネットカフェや漫画喫茶のパソコンからログインすれば、ネットカジノを遊ぶこともできますが、様々な理由からおすすめはできません。

インターネットカフェでネットカジノを遊ぶことは法律で規制されていませんが、ネットカジノの利用を禁止しているインターネットカフェや漫画喫茶もあります。
その理由は、賭博を開催する場を有料で提供したとして、インターネットカフェが摘発の対象となる可能性があるからです。

また、ほかにもインターネットカフェでのプレイをおすすめしない理由があります。
それは個人情報が流出するリスクの存在です。

不特定多数が使うインターネットカフェや漫画喫茶のパソコンでネットカジノにログインするということは、ユーザー名やメルアドレス、パスワードの入力が必須となります。
基本的にこのような入力情報は残らないような対策が取られていますが、絶対に安全とは言い切れません。

インターネットカフェのパソコンでプレイしない

まとめ

ネットカジノで遊ぶ際に、違法性を問われないために避けるべきことを解説してきましたが、参考になったでしょうか?
まず、ネットカジノは合法でも違法でもない、グレーゾーンということを理解し不必要なプレイ情報の公開は避けましょう。

また、ネットカジノを使用する際は日本国内に拠点があるネットカジノを避け、第三者にアカウントを貸さないことも重要です。
これらの注意点を守りながら、安全にネットカジノを満喫しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。